サステナビリティ推進者のためのオウンドメディア
カーボンニュートラル
住宅
脱炭素社会へ、断熱性能を義務化|建築物省エネ法

建築物省エネ法とは 「建築物省エネ法」の正式名称は、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律と言います。2015年7月8日に公布され、建築物のエネルギー消費量の性能を向上させるため、住宅以外の一定

ファッション業界は透明性の確保が求められる時代に。
ファッション業界と情報の透明性

日本でも知名度が上がりつつある「B Corporation(B Corp認証)」。これまでファッションは「使い捨てるもの」として大量生産・大量破棄を繰り返してきました。しかし、その裏では強制労働や染色

【サステナブルツーリズム・事例】認証機関とツアー会社や宿泊施設
サステナブルツーリズム 認証機関|事例

SDGsという言葉の認知度が上がり、持続可能な社会の実現に向けて、多くの業界が転換を迫られています。新型コロナウイルスの影響により、大きな影響を受けた観光業界も同様です。本記事では、今注目を集めている

パートナーシップで透明性を確保。ファッション業界の情報開示例
アパレル産業で今「ESG革命」が起きている

森林破壊、海洋汚染や人権侵害といった問題をなくすため、企業はこれらに関する情報を開示するよう促される世の中へと変化しています。この流れは、業界関係ありません。しかし、サプライチェーンが長いアパレル産業

カーボンニュートラルの新たな炭素吸収源「ブルーカーボン」とは?企業や自治体にできることとは。
ブルーカーボンとは?脱炭素社会に向けた新たな炭素吸収源

ブルーカーボンとは、海藻、植物プランクトンなどの海洋生物によって吸収される炭素(カーボン)のことを指します。海洋は、地球の面積の約7割を占めており、世界全体で排出される二酸化炭素のうち、30.5%を吸収しています。陸上では、森林などの植物による炭素の吸収が行われており、世界全体で排出される二酸化炭素の12.5%を占めています。これらは、グリーンカーボンと呼ばれています。吸収されなかった残りの57%は、全て大気に放出されてしまっているため、地球の温暖化が加速しています。

グローバル企業が牽引?未来のエネルギーインフラは大きく変わる
未来のエネルギーインフラ

世界では28億人もの人が、安全でクリーンなエネルギーへのアクセスが難しい状況に置かれています。適切でない方法で作られたエネルギーは、人体に有害なガスを排出するだけでなく、地球環境に対しても大きな負荷を

都市部で広がる。続可能な新しい農業のかたち
都市部で広がる、持続可能な新しい農業のかたち

人間が生きていく上で欠かせないものの一つが「食料」です。2021年の日本のカロリーベースの食料自給率は38%と低く、今後の人口増加に対応するためにも「食料をどこから調達するか」は大きな課題となっていま

各国の脱炭素の取り組み|気候変動サミット2021

SDGsの目標13に掲げられた「気候変動に具体的な対策を」は、地球温暖化を抑え、これ以上温度が上がらないように定められた世界共通の長期目標です。そのためには、温室効果ガスの排出削減などを、いち国家やい

カーボンニュートラル