サステナビリティ実務に役立つオウンドメディア
経済(働き方、生産・消費、産業・技術革新)
クリーンで持続可能なデニム・ジーンズ産業を目指して|アムステルダム
クリーンで持続可能なデニム・ジーンズ産業を目指して|アムステルダム

多くの人に愛されているジーンズですが、一着製造するのに6,800リットル〜10,000リットルの水を使用するなど、原材料調達も考慮すると、製造における環境負荷が大きいと言われています。この記事では、デニム・ジーンズ産業をより持続可能でクリーンに変えていこうと取り組んでいるオランダ・アムステルダムの「デニムシティ」を紹介します。

サーキュラー・バイオエコノミーとは?
サーキュラー・バイオエコノミーとは?

私たちが毎日使っているスマートフォン、毎日食べる料理や着ている衣服。これらは、全て地球の資源である石油や鉱物、水資源や森林を消費して作られています。今の大量生産・大量消費・大量廃棄のシステムを継続し続

ハイブランドも注目するヴィーガンレザーとは
ハイブランドも注目するヴィーガンレザーとは

近年、環境保護や動物愛護の活動が盛んです。そのような流れのなか、衣類や雑貨の素材も「環境に優しい」をコンセプトにしたものがクローズアップされています。本記事では、国内外で注目されている動物たちを傷つけ

変革期に必要なのはイノベーション|オランダ
イノベーション x システムチェンジ|オランダ

オランダ政府は、2050年までに100%サーキュラーエコノミーを実現すると発表しています。目標達成に向けて、さまざまな業界との対話を通じ、法律や制度の見直しや施策を実施しています。その結果、オランダは

実現のカギは基盤となるシステム作り|オランダ
実現のカギは基盤となるシステム作り|オランダ

限りある資源を有効活用し、循環させるサーキュラーエコノミー(循環型経済)が注目を集めています。2050年までに100%サーキュラーを目指すオランダ政府は、サーキュラーエコノミーを推し進める上で土台とな

2050年 サーキュラーエコノミー実現|オランダ
2050年 サーキュラーエコノミー実現|オランダ

「資源の循環」に関して、これまでよく言われてきたのが3R(リユース・リデュース・リサイクル)です。しかし、今後起こる人口増加や、気候変動や生物多様性の喪失といった問題の解決には、今ある資源をさらに有効

グリーンウォッシュ批判|ZARA
グリーンウォッシュ批判|ZARA

古着や中古品に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?傷んでいたり、汚れていると言うイメージをお持ちでしょうか?それともおしゃれなイメージでしょうか?世界の人口の約3分の1を占めると言われているZ

経済(働き方、生産・消費、産業・技術革新)