サステナビリティ推進者のためのオウンドメディア
温室効果ガス
ニュージーランド政府|牛のゲップに課税
ニュージーランド|牛のゲップに課税

農業・畜産業は、世界で2番目に多くの温室効果ガスを出している産業セクターと言われています。特に牛のゲップに含まれるメタンガスは、二酸化炭素の25倍の温室効果があります。そのため、メタンガス排出を抑制す

ファッション業界は自社基準ではなく、国際基準の情報開示を
サステナビリティとファッション業界

ファッション業界は、大量生産と大量廃棄を繰り返し、長いサプライチェーンの中で多くのエネルギーや水の消費、染色による水質汚染など、環境に負荷をかけてきました。しかし、これらの問題が徐々に明るみに出たこと

養殖サンゴは、地球を救う? 海の生態系を死守せよ
養殖サンゴで生態系を守る

サンゴ礁は、海の熱帯雨林と呼ばれるほど多くの生物が暮らしており、また光合成によって二酸化炭素を吸収することで地球温暖化の抑制にも貢献しています。しかし、世界の平均気温の上昇を1.5度未満に抑えることが

最近注目の植物性ミルクは、本当にサステナブルなのか
植物性ミルクは、本当にサステナブルなのか?

豆乳やアーモンド、カシューナッツやライスに加え、じゃがいも由来のポテトミルクまで登場している植物性ミルク。注目される背景には、環境負荷が少ないことが挙げられます。有名コーヒーチェーンの一つであるブルー

気温上昇 1.5度に抑える挑戦をしよう
気候変動緩和、気温上昇 1.5度未満への挑戦

2021年11月、イギリスのグラスゴーで開催された国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)で、産業革命前からの気温上昇を1.5度に抑える努力を追求するとした合意文書が採択されました。2015年に

注目の培養チーズとは? | 米国企業・事例
培養肉の次は、培養チーズ!米国企業・事例

牛を飼育して得た牛乳から作る従来のチーズよりも、地球や環境への負荷が少ないという理由から、世界では培養チーズが注目を集めています。 培養チーズを含む乳製品は、豊富な栄養を含む食品です。乳製品には、人間

グローバル企業が牽引?未来のエネルギーインフラは大きく変わる
未来のエネルギーインフラ

世界では28億人もの人が、安全でクリーンなエネルギーへのアクセスが難しい状況に置かれています。適切でない方法で作られたエネルギーは、人体に有害なガスを排出するだけでなく、地球環境に対しても大きな負荷を

ESG、環境へのインパクトの数値化|欧州企業・事例
ESG、環境へのインパクトの数値化|欧州企業・事例

地球温暖化の対策として、業界問わず、温室効果ガス削減への取り組みが急務となっています。ESGに関する非財務情報の開示を行う企業も増加しています。しかし、それだけでなく、どれだけ温室効果ガスを削減し、水

【欧州企業・事例】フード産業によるカーボンフットプリントの取り組み
フード産業とカーボンフットプリント|欧州企業・事例

気候変動による危機が叫ばれ始めてから長い年月が経ちますが、改善するどころか、温室効果ガスの排出が増加しているなど、危機は増大しています。事実、異常気象による大雨や洪水による被害、山火事の発生件数は増加

各国の脱炭素の取り組み|気候変動サミット2021

SDGsの目標13に掲げられた「気候変動に具体的な対策を」は、地球温暖化を抑え、これ以上温度が上がらないように定められた世界共通の長期目標です。そのためには、温室効果ガスの排出削減などを、いち国家やい

温室効果ガス