カーボンニュートラルの新たな炭素吸収源「ブルーカーボン」とは?企業や自治体にできることとは。

カーボンニュートラルの新たな炭素吸収源「ブルーカーボン」とは?企業や自治体にできることとは。

ブルーカーボンとは

ブルーカーボンとは、海藻、植物プランクトンなどの海洋生物によって吸収される炭素(カーボン)のことを指します。

二酸化炭素の吸収源

これらは地球全体で排出される二酸化炭素のうち、30.5%を吸収しています。一方、全体の12.5%を吸収してくれる森林などの陸上にある植物による炭素の吸収はグリーンカーボンと呼ばれています。

そして吸収されなかった残りの57%は全て大気に放出されてしまっているため、地球の温暖化が加速しています。

ブルーカーボン生態系

ブルーカーボン

二酸化炭素は水に溶けやすい性質があり、海洋全体のCO2の量は大気中の50倍もあります。海の植物は、それらのCO2を光合成することで吸収しています。主な吸収源としては、海草(アマモなど)や海藻の藻場湿地・干潟、マングローブ林などがあり、これらを総称して「ブルーカーボン生態系」と呼ばれています。

海草と海藻の違いは、海藻は砂泥などの海底に生息し、地中に張った寝から栄養を吸収します。一方の海藻は岩礁などに体を固定し、葉っぱから栄養を摂取しています。

日本で多い炭素吸収源
日本国内におけるブルーカーボンの割合

日本でもっとも二酸化炭素を吸収しているのはこれらの海草(アマモなど)や海藻の藻場になります。

注目される理由

これまでの日本の炭素吸収源は、森林、農地土壌炭素、都市緑化などが対策として行われていましたが、管元総理大臣が2050年カーボンニュートラルを発表したことで、新たな吸収源としてブルーカーボンに注目が集まっています。

また、SDGsの目標14番「海の豊かさを守ろう」のターゲット14.3 には「あらゆるレベルでの科学的協力の促進などを通じて、海洋酸性化の影響を最小限化し、対処する。」とあります。

言い換えると、二酸化炭素の排出量を減らし、海洋の酸性化を止めましょう、ということになります。

海が酸性化してしまうと、海洋生物はもちろん、サンゴ礁など多くの生き物が生存できなくなり、温暖化はさらに加速してしまうでしょう。

可能性を秘めている瀬戸内海

日本で最も二酸化炭素を吸収しているのは藻場であることはお伝えした通りですが、日本のどの部分に多く生息しているのか、また、どのくらい吸収しているのかといった研究が進められています。

水産庁が発表している「藻場・干潟の二酸化炭素吸収・固定のしくみ」によると、まず海草(アマモなど)や海藻にはいくつか種類があります。

アマモ、ガラモ、アラメ、コンブなどがあり、それぞれがどの地域にあるのかを2010年を基準として算出しています。

種別の吸収量比較
藻場・干潟の二酸化炭素吸収・固定の仕組み

※アマモ(密)と(疎)は密度を表しています。

密生したアマモ場のうち、面積が30ha以上あるところは炭素の吸収量が多いこともわかりました。

また、近くにアマモより吸収力の高い岩礁性藻場(葉の部分から吸収する海藻)があると、より多く吸収されることが期待されています。

そのアマモが30ha以上あり、近くに岩礁性藻場がある地域(ピンク色)は瀬戸内海に多く分布していることがわかります。

全国の炭素吸収の量
全国の炭素吸収の量

企業が行えること

2020年に制定された「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」には、ブルーカーボンについて、「カーボンオフセットの検討を行う」と記載されています。

Jブルークレジット
Jブルークレジット

その中の施策の1つとして「Jブルークレジット」があります。「Jブルークレジット」とは、ジャパンブルーエコノミー技術研究組合(JBE)が発行するクレジットのことで、申請者(ブルーカーボン生態系の養殖現場の関係者)の二酸化炭素吸収量を企業などが買取り、買い取った企業の二酸化炭素排出量と相殺させる仕組みとなっています。

2021年、セブンイレブンは横浜港が発行した「Jブルークレジット」を購入し、横浜港における藻場づくりの取り組みを活性化し、さらなる二酸化炭素排出削減に貢献すると発表しています。

自治体が行えること

国土交通省は、ブルーカーボンで「まちづくり」を推進しています。

国土国通称港湾局「海の森ブルーカーボン」
国土国通称港湾局「海の森ブルーカーボン」

藻類は、自然い生息しているものだけでなく、昆布の養殖などがあるように、人工的に育てることが可能です。

横浜市はわかめの地産地消を行っているなど、既に始めている自治体もあります。

いかがでしたでしょうか?

自治体による養殖などは、炭素を吸収する意味でとても有効だと感じる一方、現在の生態系を壊してしまわないかという点に配慮する必要があると感じました。

また、藻場はこれまで魚の産卵場所や食料を生産するためだと思われていましたが、今後は二酸化炭素を吸収する場所としても重要になってくるでしょう。


最後までお読みいただきありがとうございます。

あすてな公式インスタグラムでは記事を簡単に要約したものや、SDGs、サステナブルな商品のレポートなど紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

参照:
https://www1.mlit.go.jp:8088/kowan/content/001394946.pdf
https://www.jfa.maff.go.jp/j/koho/pr/pamph/pdf/21-25mobahigatahyouka.pdf
https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/green_innovation/pdf/006_03_05.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jime/52/6/52_695/_pdf
https://www.scopenet.or.jp/main/course/pdf/sc44/siryo-2_kuwae.pdf
https://www.mlit.go.jp/report/press/port06_hh_000221.html
https://www.7andi.com/company/news/release/202103181500.html

丸末彩加

丸末彩加

丸末 彩加(まるすえ あやか)。幼少期をアメリカで過ごし、日本と海外どちらの視点も入れながら、楽しく社会問題を解決したいと思っています。趣味は旅行と音楽と食べることです。linkedinでも情報発信しています!
記事一覧
タグ