検索
Close this search box.
アメリカ
バイデン・ハリス政権、GHG排出量を大幅に削減する巨額投資-60億米ドルを発表
バイデン・ハリス政権、GHG排出量削減に巨額投資 60億米ドルを発表

バイデン・ハリス政権の「米国への投資」計画の一環として、米国エネルギー省(DOE)は、エネルギー集約型産業の脱炭素化や工業用温室効果ガス排出の削減、高付加価値な雇用の支援、工業地域の活性化、製造業競争力の強化のために、最大60億米ドルの資金を拠出することを発表。

ニューヨーク州、2026年から新築建物でのガスを使用禁止へ
ニューヨーク州、2026年から新築建物でのガスを使用禁止へ

アメリカ、ニューヨーク州全体で排出される温室効果ガスのうち、30%以上は建物から排出されています。ニューヨーク州議会は、気候変動対策を強化するため、新築の戸建や集合住宅に対し、都市ガスの使用を禁止する法案を可決しました。

プラスチック削減に向けて取り組むアメリカの企業3選
プラスチック削減に向けて取り組むアメリカの企業3選

プラスチック問題が深刻化し、海洋環境や生態系に被害が及び、対策の必要性が高まる中、意識を高める取り組みが進んでいます。特に、アメリカの企業の取り組みが注目されています。本記事ではその取り組み内容を詳しく解説します。

注目の培養チーズとは? | 米国企業・事例
米国企業が挑む新たな食品革命|培養チーズの未来

牛を飼育して得た牛乳から作る従来のチーズよりも、地球や環境への負荷が少ないという理由から、世界では培養チーズが注目を集めています。この分野での研究開発が盛んな米国で、フードテックの最前線を担う2社についてご紹介します。

アメリカ