最近注目の植物性ミルクは、本当にサステナブルなのか

最近注目の植物性ミルクは、本当にサステナブルなのか

豆乳やアーモンド、カシューナッツやライスに加え、じゃがいも由来のポテトミルクまで登場している植物性ミルク。注目される背景には環境負荷が少ないことが挙げられます。ブルーボトルコーヒーでは、ミルクベースのメニューには基本的にオーツミルクを使用するなど、以前よりも植物性ミルクが身近になったなと感じます。私もよくオーツミルクに変更して頂きますが、美味しいので小さな喫茶店などにも広まればいいなと感じています。一方で、選ぶ際の注意点もあるので、その点についてもご紹介します。

なぜ注目される?

なぜこれほど注目されているのでしょうか?

その背景には、環境問題への意識の高まりがあります。地球の平均気温を産業革命前と比べて1.5度以内に抑えること、2050年までにカーボンニュートラルを達成するため、企業だけでなく、消費者を含めた全員がさまざまな取り組みが行われています。

農業・畜産業界は、世界全体で排出される温室効果ガスのうち24%を占めています。そのうち家畜から放出されるメタンガスは14.5%を占めており、育てるために行われる森林伐採や、排泄物による水質汚染などさまざまな環境問題を引き起こしています。世界全体で環境への意識が高まっていることから、店舗で使用するミルクの変更や、植物性ミルクの開発を行う企業が増えています。

必ずしも環境に優しい訳ではない

イギリスのオックスフォード大学の専門機関が、コップ一杯あたりの温室効果ガスの排出、土地の利用、そして水資源の利用という項目でそれぞれ算出し、比較したものを発表しています。

which milk should I choose?
which milk should I choose?

Dairy milkは一般的な牛乳を指しますが、植物性のミルクと比較して全体的に環境負荷が高いことがわかります。

しかし、アーモンドミルクは水の利用が多いことや、日本で消費する場合は、海外から輸入しているため、輸送の過程で温室効果ガスが排出されるという問題があります。また、植物性ミルクは本来のミルクに含まれる成分と異なります。オーツミルクには食物繊維が含まれているい方で、従来品と比較するとタンパク質の量が少ないです。食事とのバランスを考えながら摂取することが大切になります。

それを踏まえた上で、現在注目されているじゃがいも由来のポテトミルクを開発している企業DUGについてご紹介します。

DUG

DUG
DUG

こちらもスウェーデン発のブランドであり、じゃがいも由来のポテトミルクを開発しています。

植物性ミルクの多くはアレルギーとなりやすい材料を使用していますが、こちらの商品は小麦やナッツ類を含んでいません。さらに原料となるじゃがいもは、栽培過程でも必要な面積や使用する水の量が少なく済むという点で、環境に対しても優しいミルクです。

DUG - 商品
DUG – 商品

牛乳と同じように使用できる「DUG Original」、バリスタ向けの「DUG Barista」、無糖の「DUG Unsweetened」の3種類が開発されています。

最後に

植物性ミルクは環境負荷を抑える選択肢として注目が集まっており、日本国内でも目にする機会が増えてきました。

私も全ての種類を試したことがあるわけではありません。しかし同じカフェラテでも、従来のミルクとオーツミルク、アーモンドミルクでは香りと味が変化するので、好みの組み合わせを見つける楽しさがあるなと感じています。環境に配慮することが、苦痛や我慢になるのではなく、新しい「好き」を探しながら気が付かないうちに環境に優しい選択ができる世の中になって欲しいです。そのためにも、まずはこの記事を読んでくださった皆様が植物性ミルクを試して、周りの方にその美味しさを伝えていくことから変化が始まるのかなと思います!

参照:
https://www.bbc.com/news/science-environment-46654042
https://dugdrinks.com/

丸末彩加

丸末彩加

丸末 彩加(まるすえ あやか)。幼少期をアメリカで過ごし、日本と海外どちらの視点も入れながら、楽しく社会問題を解決したいと思っています。趣味は旅行と音楽と食べることです。linkedinでも情報発信しています!
記事一覧
タグ