代替ミルク

豆乳、オーツミルク、じゃがいもミルクも。続々登場する植物性ミルクと注目される理由とは?

植物性ミルクをご存知でしょうか?スーパーやコンビニで、豆乳やアーモンドミルクを目にしたことがある方も多いと思います。

最近では、オーツミルクやライスミルク、カシューナッツミルク、さらにじゃがいも由来のポテトミルクなどが登場しており、植物性ミルクに注目が集まっています。

今回の記事では、注目される背景とミルクを扱うそれぞれの企業の取り組みをご紹介します。

コーヒーメーカーの動き

コーヒーで有名なスターバックスでは、国内では3種類、場所によっては4種類の植物性ミルクが選べることをご存知でしょうか?現在日本では、「豆乳」「アーモンドミルク」「オーツミルク」を、アメリカなどの一部地域ではこれらに加えて「ココナッツミルク」を選択することができます。

またブルーボトルコーヒーも、ミルクベースのメニューには基本的にオーツミルクを使用するなど、私たち消費者にとって植物性ミルクはより身近なものになっています。

なぜ注目される?

代替ミルク

では、なぜこれほど注目されているのでしょうか?

その背景には、環境問題への意識の高まりがあります。地球の平均気温を産業革命前と比べて1.5度以内に抑えること、2050年までにカーボンニュートラルを達成するため、企業だけでなく、消費者を含めた全員がさまざまな取り組みが行われています。

農業・畜産業界は、世界全体で排出される温室効果ガスのうち24%を占めています。そのうち家畜から放出されるメタンガスは14.5%を占めており、育てるために行われる森林伐採や、排泄物による水質汚染などさまざまな環境問題を引き起こしています。

世界全体で環境への意識が高まっていることから、店舗で使用するミルクの変更や、植物性ミルクの開発を行う企業が増えています。

必ずしも環境に優しい訳ではない

イギリスのオックスフォード大学の専門機関が、コップ一杯あたりの温室効果ガスの排出、土地の利用、そして水資源の利用という項目でそれぞれ算出し、比較したものを発表しています。

which milk should I choose?
which milk should I choose?

Dairy milkは一般的な牛乳を指しますが、植物性のミルクと比較して全体的に環境負荷が少ないことがわかります。

しかし、アーモンドミルクは水の利用が多いことや、日本で消費する場合は、海外から輸入しているため、輸送の過程で温室効果ガスが排出されるという問題があります。

また、植物性ミルクは本来のミルクに含まれる成分と異なります。オーツミルクには食物繊維が含まれているい方で、従来品と比較するとタンパク質の量が少ないです。食事とのバランスを考えながら摂取することが大切になります。

それを踏まえた上で、植物性ミルクの開発をおこなっている企業についてご紹介していきます。

環境に優しいミルクを目指す企業3選

今回は、日本でも購入できるオーツミルクのOATLY、じゃがいも由来のポテトミルクを販売しているDUG、そして従来の牛乳のカーボンニュートラルを目指すNeutralの3社をご紹介します。

OATLY

Oatly
OATLY

オーツミルクの販売をしているスウェーデンの企業です。2021年から日本での販売も開始しており、アメリカのスターバックスでも使用されています。

実際に飲まれた方は分かるかもしれませんが、癖がなく、年代問わずとても飲みやすいです。

OATLY- 商品
OATLY- 商品

コーヒーや紅茶との相性を考えられた「Barista Edition」、牛乳の代わりに飲める「Oat Drink」、有機栽培されたオーツ麦と最小限の材料で作られた「Oat Drink Organic」に加え、チョコレートやオレンジマンゴーなど味付きの商品の開発もおこなっています。

DUG

DUG
DUG

こちらもスウェーデン発のブランドであり、じゃがいも由来のポテトミルクを開発しています。

植物性ミルクの多くはアレルギーとなりやすい材料を使用していますが、こちらの商品は小麦やナッツ類を含んでいません。さらに原料となるじゃがいもは、栽培過程でも必要な面積や使用する水の量が少なく済むという点で、環境に対しても優しいミルクです。

DUG - 商品
DUG – 商品

牛乳と同じように使用できる「DUG Original」、バリスタ向けの「DUG Barista」、無糖の「DUG Unsweetened」の3種類が開発されています。

Neutral

Neutral
Neutral

最後にご紹介するのが、アメリカ発のブランドNeutralです。こちらの企業は従来のミルクを販売していますが、カーボンニュートラル、つまり排出した分をオフセットし、実質ゼロな商品となっています。

Neutral
Neutral

具体的には、農場から廃棄されるまでの排出量を全て計算し、与える餌や先端技術を活用しながら削減に取り組みます。その上で、どうしても削減できない部分は、Climate Action Reserve(CAR)、American Carbon Registry、およびVERRAによって検証された米国の酪農家からのオフセット制度を活用しています。また、扱う商品はSCS Global Servicesという第三者機関によってカーボンニュートラルである認証を取得しています。

最後に

環境負荷を抑える選択肢として注目が集まっており、日本国内でも目にする機会が増えてきた植物性ミルクについてご紹介しました。

私もスターバックスでは、チャイティーをオーツミルクに変更して飲んでいます。オートミールは苦手なのですが、オーツミルクは美味しいので、ぜひ多くの人にも試してみてほしいです!


最後までお読みいただきありがとうございます。

あすてな公式インスタグラムでは記事を簡単に要約したものや、SDGs、サステナブルな商品のレポートなど紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

参照:
https://www.bbc.com/news/science-environment-46654042
https://www.eatneutral.com/
https://www.oatly.com/
https://dugdrinks.com/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。