美味しいコーヒーが飲めなくなる?コーヒー2050年問題と対策

美味しいコーヒーが飲めなくなる?コーヒー2050年問題と対策

皆さんコーヒーはお好きですか?コンビニで一杯100円で楽しめるので、飲む機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。しかし、このまま気候変動が進むと収穫量が減ってしまうと言われており、また安さの裏で児童労働や農薬による健康被害などの人権侵害も起こっています。私たち一消費者は、飲んでいるコーヒーは誰が作って、どこから来たのかを自分自身で調べることが大切なのではないでしょうか。

コーヒー2050年問題

コーヒー問題
引用:keycoffee- 2050年には美味しいコーヒーは飲めない?

コーヒーに限らずですが、現在育てられている作物は現在の気温に適しているのでその土地で栽培されています。コーヒーの生産には、「標高」や「寒暖差」そして温度・日射量・降水量といった「微気候」など、環境要素がとても重要です。しかし、このままのペースで気温が上昇し続けると、2050年には栽培できる土地が50%、なんと半分に減ってしまうと言われています。

このような深刻な状況に置かれているコーヒー豆ですが、中国やインドなどの新興国の生活水準が向上したことで、コーヒーの需要は増加しています。また日本国内でも、コーヒーチェーン店やコンビニで飲めるコーヒーなどの人気により、消費量が増加しています。

気候変動による影響

先ほども述べた通り、気候変動でコーヒー豆の収穫量が少なくなると、消費量に対して供給量が追いつかなくなり、価格が上昇することが考えられます。また、コーヒー栽培をしている農家の数も、収穫量が減って生計が成り立たなくなると減ってしまいます。

コーヒー2050年問題に対する解決策

まず1つ目の解決策として、品種の開発があります。持続可能なコーヒー栽培を目指す研究機関であるWorld Coffee Research(WCR)は、IMLVT(国際品種栽培試験)と呼ばれる計画を進めており、病気に強く、気候変動にも対応できる丈夫な品種の開発・研究を行っています。

持続可能なコーヒー栽培に向けた取り組み
持続可能なコーヒー栽培に向けた取り組み

2つ目の解決策としては、培養コーヒーです。フィンランドのVTT技術研究センターがコーヒーの葉の細胞から「培養コーヒー」を作ることに成功しています。

これからは本来コヒー栽培には適していない土地で生産されるコーヒー豆の販売が当たり前の時代になるかもしれません。

対策に乗り出す企業

スターバックス

スターバックス

コーヒーチェーンとして有名なスターバックスでは、南米コスタリカにあるスターバックス唯一の自社農園「ハシエンダ アルサシア」にて、気候変動によってもたらされる病害虫に耐えるための品種の開発を常駐する農学者と行なったり、小規模農家が高品質で効率的なコーヒー栽培ができるよう研究を行っています。なお、ここで開発した品種や栽培方法などは、世界中のコーヒー生産者に無償提供しています。

キーコーヒー

キーコーヒー

こちらも新しい品種改良の取り組みに加えて、候変動適応策として、直営農園周辺に点在する協力生産農家の栽培地を借りて5箇所の標高の高いエリアでの栽培試験を行っているそうです。しかし、標高を高くすると工作面積が狭くなってしまうことに加え、電気やガス、水道などのインフラ整備や労働力の確保など、まだまだ課題が残っているそうです。

これらの企業は、どちらもコーヒー豆の栽培にのみ力を入れているわけではく、フェアトレードの認証を得たものを使用するなど、人権に対してもとても配慮しています。

最後に

仕事の合間にコーヒーを飲む方も多いと思います。しかし、このまま気温が上昇すると、近い将来コーヒーの値段が上昇し、あるいは生産量が激減することで、手軽に飲めなくなってしまうかもしれません。

今回はコーヒーに焦点を当てさせていただきましたが、私たちの主食であるお米や青森のりんごなども現在栽培適地が地球温暖化によって北へ進んでいるそうです。このままでは本来収穫できていたものが取れなくなるので、地域の郷土料理なども変わっていくかもしれません。

日本でも、未来の食材として、昆虫食や培養肉、こんにゃくから作られたお米などが開発されています。これらを完全に否定したい訳ではありません。しかし今の適地にその作物があることで生態系のバランスが整っている可能性があると思います。私は普段コーヒーをたくさん飲む訳ではありませんが、カフェを利用するときはスタバを利用するようにしたり、フェアトレードや自然に配慮している認証マークがついているものを購入するなどできる範囲で取り組みを行っています。トレーサビリティを強化している商品を購入することで、より持続可能なコーヒー栽培へ繋がるのではないでしょうか。

地球温暖化を軽減するための努力と、新たな環境に適応させる技術や人権や雇用の保護に向けた努力。この2つのバランスを取りながら、消費者も企業もまずは意識を変えることが重要だと感じます。


最後までお読みいただきありがとうございます。

あすてな公式インスタグラムでは記事を簡単に要約したものや、SDGs、サステナブルな商品のレポートなど紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

参照
https://www.keycoffee.co.jp/
https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2021/09/2021-0929-1640-35.html
https://www.ejcra.org/column/ca_133.html
https://www.starbucks.co.jp/
https://www.keycoffee.co.jp/sustainable/imlvt.html

丸末彩加

丸末彩加

丸末 彩加(まるすえ あやか)。幼少期をアメリカで過ごし、日本と海外どちらの視点も入れながら、楽しく社会問題を解決したいと思っています。趣味は旅行と音楽と食べることです。linkedinでも情報発信しています!
記事一覧
タグ