検索
Close this search box.

SBTN 第一版リリース|世界初の自然保護目標と企業に求められる環境行動

SBTN 第一版がリリース、世界初の自然保護目標を導入。企業に総合的な環境行動を求める

2023年5月24日に、自然環境への負荷や生物多様性への影響を考慮に入れた、自然に対する科学に基づく目標であるSBTN(Science Based Targets for Nature)第一版が正式にリリースされました。2020年9月にSBTNイニシャルガイダンスが公開されていましたが、イニシャルガイダンスから第一般へアップデートが行われたことで、市場より大きな注目を浴びています。

SBTNは、気候を対象としたSBTiに倣い、新たにLand(土地)、Freshwater(淡水)、Biodiversity(生物多様性)、Oceans(海洋)を対象に目標を達成することを促します。近年、気候変動だけでなく、自然環境や生物多様性に対しても、企業の積極的なアクションが求められています。その背景には、パリ協定が求める世界の平均気温上昇を1.5度に抑えるためには、自然破壊を食い止め回復させることが必要だという科学的コンセンサスがあったためです。

これまでと変わらない企業のビジネスモデルは、持続可能ではありません。毎年発生している山火事やブラジルでの干ばつなど、生態系のバランスが崩れ、すでに世界全体で自然破壊による影響が出始めています。世界全体で、2,600社以上の企業がすでにSBTi(Science Based Targets initiative)を通じて、気候に関する目標を設定しています。2050年までにネットゼロを達成する目標を掲げ、多くの成果を出している一方、課題も残っています。例えば、カーボンオフセット制度のために、急成長する樹木を植えるケースです。これは、地域の生態系や地域社会に対し、悪影響を及ぼす可能性があります。

気候変動と自然環境、生態系は相互に複雑に関係し合っています。だからこそ、気候変動だけでなく、自然という側面からも同時に対策を行うことが求められています。今回発表されたターゲットは、既存のターゲットを補完する設計となっています。そのため、企業は新たな目標設定を通じ、気候変動と自然環境の両方に対処するための総合的な行動をとることが可能となります。

サントリーホールディングスやL’OCCITANEグループ、Nestléを含む17のグローバル企業が、検証用のターゲット提出に向けて準備を行っています。

安定した惑星のための世界的および地域的な科学的目標を確立することを目指す地球委員会(Earth Commission)の共同議長であるJohan Rockström(ヨハン・ロックストロム)氏は、次のように述べています。

「企業は、気候と自然環境に対して、科学的根拠に基づく目標を設定するための明確な指針と方法論を手に入れることができた。最初にターゲットを提出する17のパイロット企業の勇気に拍手を送りたい。なぜなら、それは簡単なことではないからだ」

動画での紹介はこちら:

プレスリリースについて詳しくはこちら:
https://sciencebasedtargetsnetwork.org/news/news/launch-of-the-worlds-first-science-based-targets-for-nature-to-mobilize-businesses-to-address-nature-loss-climate-change-together/

Picture of 丸末彩加

丸末彩加

丸末 彩加(まるすえ あやか)。幼少期をアメリカで過ごし、日本と海外どちらの視点も入れながら、楽しく社会問題を解決したいと思っています。趣味は旅行と音楽と食べることです。linkedinでも情報発信しています!

サステナブルツーリズムでお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お問い合わせ

コンサルティング・セミナー依頼など、
お気軽にお問い合わせください。