検索
Close this search box.

三菱商事、「気候テック」投資ファンドを設立

三菱商事、「気候テック」投資ファンドを設立

三菱商事株式会社は、5月2日に、株式会社三菱UFJ銀行(以下、三菱UFJ銀行)と韓国に本社を置くプライベートエクイティファンドの管理・運営会社であるPavilion Private Equity社と連携して「Marunouchi Climate Tech Growth Fund L.P.」(丸の内クライメート・テック・グロース・ファンド)を設立しました。

三菱UFJ銀行は、カーボンニュートラルの実現には、様々な先端技術の開発やソリューションの普及が必要不可欠であり、気候テックの分野は、中長期的に高い資金需要が見込まれるとしています。

Marunouchi Climate Tech Growth Fund L.P.は、脱炭素に関連する先進的な技術「気候変動テック」を持つ企業を主な投資対象とし、丸の内イノベーションパートナーズ株式会社が運用を行います。同ファンドは、気候テック関連のスタートアップへの成長投資を通じて、企業が有する先端技術の商業化や普及を図ります。また、投資先企業の企業価値を高めるとともに、世界的な気候変動問題の解決を後押しすることを目指します。

詳しくはこちら:https://www.bk.mufg.jp/news/admin/news0502.pdf

丸末彩加

丸末彩加

丸末 彩加(まるすえ あやか)。幼少期をアメリカで過ごし、日本と海外どちらの視点も入れながら、楽しく社会問題を解決したいと思っています。趣味は旅行と音楽と食べることです。linkedinでも情報発信しています!

サステナブルツーリズムでお悩みの方は
お気軽にご相談ください