検索
Close this search box.

ロクシタン|バリューチェーンのネットゼロに向けた戦略を発表

ロクシタン|バリューチェーンのネットゼロに向けた戦略を発表

南フランス発のライフスタイルコスメブランドであるL’OCCITANE(ロクシタン)社は、2050年までにバリューチェーン全体でネットゼロを実現するための「Climate Strategy(気候戦略)」を発表しました。

詳しくはこちら▼

この戦略は、L’OCCITANEグループ全体に適用され、同社は、SBTi(Science Based Targets initiative)のNetZero Standardに沿った目標を掲げています。2031年までにGHG Scope1からの排出量を2020年と比較して46%削減。2026年までに工場、倉庫、店舗、オフィスで使用している電気をすべて100%再生可能エネルギー由来の電気に切り替えることを目指します。

L’OCCITANE
引用:L’OCCITANEグループ – Climate Strategy

同社のカーボンフットプリントの95%は、Scope3からの排出です。L’OCCITANEグループは、2050年までにGHG スコープを2020年比で97%削減することを宣言しています。GHG Scope3からの排出量を削減する具体的な取り組みとして、生態系や森林破壊に加担しない植物由来の原材料へ切り替えとや原材料のトレーサビリティ強化の実施、リサイクル素材や低炭素素材で作られたパッケージへの切り替え、再生型農法やアグロフォレストリーの支援を挙げています。

また、L’OCCITANEグループは、物流やサプライヤーに対し、グリーンサプライチェーンポリシーを策定しています。同ポリシーは、物流やサプライヤーに対し、GHG排出量の少ない輸送方法の導入を促しています。そして、2030年までにGHGを多く排出する航空貨物からのGHG排出量をオフセットし、ゼロにするという目標も掲げています。

L’OCCITANEグループのチーフ・サステナビリティ・オフィサーであるAdrien Geiger(アドリアン・ガイガー)氏は、次のように述べています。

「L’OCCITANEグループは、このコミットメントによって、野心的な目標を達成することを目指します。L’OCCITANEグループは、環境に対する負荷が小さい商品作りが出来ます。低炭素社会を実現していくために、消費者やパートナーと共により多くの解決策を考えていくすることが必要です。」

参照:https://group.loccitane.com/

丸末彩加

丸末彩加

丸末 彩加(まるすえ あやか)。幼少期をアメリカで過ごし、日本と海外どちらの視点も入れながら、楽しく社会問題を解決したいと思っています。趣味は旅行と音楽と食べることです。linkedinでも情報発信しています!

サステナブルツーリズムでお悩みの方は
お気軽にご相談ください