• HOME
  • ブログ
  • ドバイ万博
  • ドバイ万博 | サステナブルな社会の実現に向けた各社の事例をご紹介!The Good Place パビリオン – 後半

ドバイ万博 | サステナブルな社会の実現に向けた各社の事例をご紹介!The Good Place パビリオン – 後半

これまで環境や人権に配慮すると企業は利益を追求できないと考えられていましたが、現在ではその考え方が大きく変化しSDGsの目標達成や持続可能な社会の実現に向けて、日本企業もさまざまな取り組みを行なっています。

しかし、私たち人類が持続的に地球に住み続けるには解決すべき課題が数多くあります。今回は世界各国で行われているソーシャルビジネスの事例が紹介されているThe Good Placeパビリオンについて紹介していきます!

企業事例が沢山あるので2記事に渡って紹介しております。

前半の記事はこちら▼

今回も引き続きパビリオンで展示されていた企業事例についてご紹介していきます。

MeeToo Education

MeToo Education
MeToo Education

イギリス発のメンタルヘルスをケアするアプリを開発したMeeToo Educationという企業の事例が紹介されています。

イギリスでは、2018年からエビデンス(科学的根拠)の検証を行なっており、効果があると判断されたことから全ての中学生にメンタルヘルス教育を行なっています。その背景には、自殺率や自傷行為の件数増加があります。

2018年、当時のメイ首相が打ち出したメンタルヘルス政策には、学校や職場でのメンタルヘルス教育や対策、コミュニティを通じたメンタルヘルス、オンライン・セラピーの活用などが挙げられていました。

こちらのアプリは、思春期に当たる特に10代の若者を対象としており、著名でさまざまな相談が出来るようになっています。そしてこれはただの情報共有の場ではなく、メンタルケアの専門家がアプリを管理しているのが大きな特徴です。

写真の輪っかの中には、実際に使用した方の感想が紹介されており、とても気持ちが楽になったと紹介されていました。

WheeLog

WheeLog
WheeLog

こちらでは、日本の事例が紹介されていました。日本には車椅子を利用している人が200万人もいると言われていますが、街中で見かけることはほとんどありません。それはバリアフリー情報が少ないからだそうです。

WheeLogでは、バリアフリーに関する情報を共有するアプリを開発し、リアルタイムで地図が更新できるようになっています。実際に車椅子を利用している人が通ったルートや、利用しやすい施設、また行きたい場所のバリアフリー情報をリクエストすることも出来ます。

WheeLogのおかげで積極的に外へ出ていくきっかけを掴んだことで本人の意欲や自立心にもいい影響を与えていることが紹介されていました。

余談ですが、先日、東京都内で階段では運べない重たいキャリーケースを都内で運んでいたのですが、地上からメトロの改札階行きのへエレベーターを探すためにマップを開いて、横断歩道を渡って、と確かに車椅子を利用していたら移動する前にいろんなことを調べる必要があるなと身をもって経験しました。

Desert Control

Desert Control
Desert Control

年々砂漠化が進行し、農作物が育たなくなってしまっている一方で、世界の人口は増加しています。北欧ノルウェー発のDesert Controlという企業は、この問題に対する解決策を紹介しています。

農作物の育たない貧しい土壌(砂漠の砂)を肥沃な土地に変える「Liquid Natural Clay(LNC)」という技術を開発し、なんとこれまで7年から12年かかっていたのを7時間にまで短縮することに成功しています。スプレーして表面を加工する方法なのですが、一度行ったら3-5年は持つそうです。また必要な肥料や水の量もこれまでの半分で済み、さらに作物の収穫量は62%も増加することが紹介されていました。

Mobility for Africa

Mobility for Africa
Mobility for Africa

こちらはジンバブエの事例で、農村部に住む女性をターゲットに電気三輪車を販売した事例が紹介されていました。地域の人たちのニーズを満たし、アクセスしやすいよう長期かつ低金利で購入できるよう設計されています。さらに電気で動くので環境にも配慮されています。

これまで農村部に住む女性は、徒歩で移動していたため1日のほとんどの時間を移動が占めていました。しかし、これからの三輪車を使用することで農作物をより新鮮な状態で市場に出せたり、逆に持って帰ることができるようになりました。また、時間に余裕ができたことで家族や子供と一緒に過ごす時間が増えたことが紹介されていました。

MyAGRO

MyAGRO
MyAGRO

アフリカの農村部では銀行へ行くよりもスマホの方が簡単にアクセスできます。MyAGROでは、マリ、タンザニア、セネガルの小規模農家を支援するためのモバイルを活用した独自のプラットフォームを構築しています。

農家は6ヶ月〜8ヶ月に渡って少しずつ支払いを行うと、種を植える時期に間に合うようにスマホを通じて高品質な種と肥料が購入できるサービスを提供しています。

それだけでなく、その地域に合わせて収穫量を向上させるための農業技術などもシェアしていることが紹介されていました。

最後に

こちらの写真はパビリオンを出る最後の壁に書かれていた言葉で、直訳すると次のようになります。「扉の外の世界はまだ変わっていないね。より良くしていこう。」万博の中で私に1番刺さっている言葉かもしれません。

企業である以上利益を追求する必要がありますが、地元の人たちのニーズに合っていなかったり、金額的に手に届かないというのは意味がありません。

長期スパンで物事を見る姿勢や、現地と真摯に向き合って課題解決に取り組んでいるこれらの企業を見習って、今後より多くの社会課題を解決していける企業が増えたらいいなと感じました。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。