ドバイ万博 | ポーランド – 木の香りに包まれるサステナブルなパビリオン

今回はポーランドパビリオンについてご紹介します!正直にお伝えすると、他のパビリオンほど何かゲームがあったり、目を引くド派手な演出がされているわけではありませんでした。

しかし、数ある大型のパビリオンの中でもっともエレガントで洗練されており、芸術作品のようであると高い評価を得ています。そしてThe World Expo Awardで最優秀賞を受賞しているパビリオンになります。

さっそくパビリオンの中をご紹介していきます!

アーティストによる作品展示

最初に出迎えてくれるのはポーランドのアーティストが作成したアート作品です。120以上のピースから構成されており、素材は木やガラス、銅、セラミックなどが使用されています。一部で使用されているアルミは3Dプリントされたものも含まれているそうです。そしてポーランドのさまざまな地域が紹介されています。

ポーランドについてご紹介

そして次のコーナーへは階段を登っていきます。

2階には、ポーランドの特産品やテクノロジーの紹介などがされていました。

具体的にはお化粧品や地域で作られたキャンドル、ファッションやテクノロジー、ポーランドの絵本や伝統的な方法で制作されている食器、船舶技術の高さも紹介されていました。スタッフの男性曰く、ドバイマリーナに停泊している船の3つに1つはポーランドが作ったものらしいです!

気になったところへ足を運ぶように設計されており、決して押し付けがましく無い点も先ほど賞を受賞した理由にもなっているそうです。

建物中にいる白い鳥の意味

これらの白い鳥のオブジェは、ポーランドの渡り鳥を表しています。ポーランドの鳥のうち、40%は渡り鳥だそうです。日本とポーランドで同じように渡ってくる鳥として鶴がいることも紹介してくださいました。

そして外の建物にもこれらが施されており、風が服と動いているように見えるそうです。

レジャーのための建築物

次の空間へ進むさまざまな建物の模型が展示されています。レジャーのための建物になっています。

なぜレジャーな建物なのかというと、戦争の最中は旅行に行けなかったので、国内でも楽しめるようにと建てられたのが始まりだそうです。

まず、この足になっている部分は、色によって表しているものが異なります。水色は川がそばにあることを表しており、濃い青は森、灰色は山や石が近くにあることを示しています。

そして昔も今もポーランドは自然との繋がりをとても大切にしていることが良く分かります。

こちらの建物は、木材のみで作られています。そして今でも綺麗に保存されており、宿泊することが出来るそうです。

また、こちらの建物はポーランドの南にあり、山の近くに位置しています。1907年に建てられており、現地で調達できる木材と石を使用しており、遠くから材料を運んでいないので環境にやさしい方法で建てられたことになります。

次にこちらの建物は全体が植物に覆われてしまい、現在は地中に埋もれている状態だそうです。しかし、自然由来のもののみが使用されているため掘り起こして解体する必要はありません。

最後に、これまで紹介した大型の建物ではなく、小さいサイズのものも展示されていました。コロナ禍で旅行に行けない期間が続いているので、多くの人が利用したそうです!

こちらも化学薬品などは使用しておらず、こちらも自然に還ることのできる建物となっています。

一方で、これらを建てるためには多くの森林を伐採し、木材を使用します。ポーランドでは、伐採したらその分植林することをこれまでずっと行って来ており、持続可能な森林のための取り組みも行われていると紹介されていました。

パビリオンについて

ポーランドのパビリオンももちろん、化学薬品などを使用していない建物となっており、入館した瞬間に木の香りに包まれます。さらに万博が終了しても、また組み立て直すことが可能になっており、1度きりの役目ではなく第2の役目が与えられるように設計されていることも注目すべき点です。

最後に

万博のパビリオンはどれもライトアップされ、派手なものが多い傾向にありますが、ポーランドの自然との調和を大切にしているコンセプトは逆に目立ち、押し付けがましくない雰囲気が漂っているからこそ、いいパビリオンに選ばれたのだと思います。

何より、ポーランドに多くあるレジャーのための建築を紹介しながら、それらを紹介している建物もサステナブルな環境に配慮されているのは、ストーリーが一貫していて、自分の中でも印象に残るパビリオンになりました。

asutena

asutena