検索
Close this search box.

観光をサステナブルに!注目のツーリズム産業スタートアップ企業を紹介

観光をサステナブルに。ツーリズム産業のスタートアップ企業を紹介

ポストコロナの時代の観光は、どのように変化していくのでしょうか?グローバル全体で、自然環境や地域社会に対して配慮し、観光産業を成長させることでより観光地域の企業や地元住民が豊かになることを目指すサステナブルツーリズム(持続可能な観光)への注目が高まっています。本記事は、観光をよりサステナブルに行うために立ち上がったスタートアップ4社を紹介します。

サステナブルツーリズムに関連する記事はこちら▼

サステナブルツーリズムの現状

観光をサステナブルに。ツーリズム産業のスタートアップ企業を紹介
引用:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査 2022年度版

DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査 2022年度版によると、サステナブルな取り組みを重視する割合は、欧米とアジアの両地域で半数以上を占めています。今後、日本国内でも、観光産業全体でサステナブルな取り組みを推進していくことが求められるでしょう。

欧米豪の旅行者の中でも、高収入層は、サステナブルな取り組みを重視すると答えた人々の割合が、中収入や低収入の旅行者に比べて高いことがわかりました。また、海外旅行先で実施したいサステナブルな取り組みについて選ぶアンケートでは、アジアと欧米豪の両地域ともに「ゴミ削減」が最も多い結果となっています。

観光をサステナブルに。ツーリズム産業のスタートアップ企業を紹介
引用:DBJ・JTBFアジア・欧米豪訪日外国人旅行者の意向調査 2022年度版

アジアの高収入層は「ゴミ削減」だけでなく「宿泊施設におけるアメニティグッズの辞退」の選択率が、中収入や低収入の旅行者に比べて高いです。一方、欧米豪の場合「利益の一部を野生動物保護に充てる体験プログラムへの参加」が低所得者層は7%、中所得者層は12%に対し、高所得者層は14%と高く、また「カーボンオフセット商品の利用」を選択する旅行者も、低所得者層は8%、中所得者層は9%に対し、高所得者層は13%となっています。

サステナブルな観光産業に向けて取り組むスタートアップ4選

観光産業でサステナブルな変革を起こすためには、新たなテクノロジーを実装していく必要があります。ここからは、観光産業をよりサステナブルに変革することを目指すスタートアップ企業を3社を紹介します。

NotOnMap

観光をサステナブルに。ツーリズム産業のスタートアップ企業を紹介
引用:NotOnMap

NotOnMap(ノット・オン・マップ)は、旅行者とインド国内の農家や職人を繋ぐことを目的に、2012年に設立されたインド発のスタートアップ企業です。同社は、観光地以外の農村地域に旅行客を呼び、農村地域の人々がより良い生計を立てながら地域文化や遺産を保護し、旅行者には本物の体験を提供することを目指しています。NotOnMapは旅行者に対し、地域の人と同じように生活することを推奨しています。旅行者はNotOnMapを利用することで、滞在先を見つけられるだけでなく、地域文化を体験することができます。

Jet-Set Offset

観光をサステナブルに。ツーリズム産業のスタートアップ企業を紹介
引用:Jet-Set Offset

Jet-Set Offset(ジェットセット・オフセット) は、2019年に設立されたアメリカ発のスタートアップ企業です。旅行は、距離に関係なく移動を伴い、中でも飛行機による移動は多くの二酸化炭素を排出します。同社は、飛行距離に応じて寄付ができるようシンプルなプラットフォームを構築し、サービスを提供しています。Jet-Set Offsetは、旅行者ではなく、企業の人事部門や出張管理部門に対してサービスを提供しています。同社は、企業や組織の従業員が飛行機を利用して出張した際に排出した二酸化炭素を簡単にオフセットできるよう支援をしています。

Murmuration

観光をサステナブルに。ツーリズム産業のスタートアップ企業を紹介
引用:Murmuration

Murmuration(マーマレーション)は、フランス発のスタートアップ企業です。オーバーツーリズムを回避するためのソリューションを提供しています。オーバーツーリズムとは、旅行者の過度な増加によって引き起こされる問題を指し、具体的には、地域住民の生活やゴミのポイ捨て、環境破壊、他にも土地の魅力を低下させてしまうといった問題を引き起こします。同社は、Flockeoと呼ばれるプラットフォームを提供しており、衛生画像で観光地の旅行客の数を特定します。旅行会社や観光客は、同社から提供されるデータを元に、別の観光地を選択することや時間帯をズラすなど、人混みを避けることができます。そして、結果的にオーバーツーリズムの影響を軽減することが可能になります。

最後に

観光産業は裾野の広い産業です。そのため、観光産業全体で環境負荷を低減するためには、お土産店から宿泊施設、旅行会社、飛行機やバス、タクシーといった交通機関など、多くのセクターの協力が求められます。

本記事で紹介したスタートアップの事例も、旅行者を対象にしたサービスから企業や組織、旅行会社を対象にしたサービスまで幅広くあります。世界全体で旅行者の意識が変わりつつある今、観光産業は新しいテクノロジーの技術と共に大きく変化していくでしょう。

Picture of 丸末彩加

丸末彩加

丸末 彩加(まるすえ あやか)。幼少期をアメリカで過ごし、日本と海外どちらの視点も入れながら、楽しく社会問題を解決したいと思っています。趣味は旅行と音楽と食べることです。linkedinでも情報発信しています!

関連記事

サステナブルツーリズムでお悩みの方は
お気軽にご相談ください

お問い合わせ

コンサルティング・セミナー依頼など、
お気軽にお問い合わせください。