SDGs未来都市とは?自治体SDGsモデル事業やメリットについて

SDGs未来都市とは

日本では2008年より「環境モデル都市」と「環境未来都市」を選定しています。

2018年からは上記の2つに加えてSDGs達成に向けた取り組みを提案する都市「SDGs未来都市」が選定されています。

環境モデル都市
地域資源を最大限活用し、低炭素社会と持続可能な社会実現に向けて、高い目標を掲げて取り組む地域・都市が選定

環境未来都市
環境モデル都市に加え「環境」「社会」「経済」の三つの価値創造と実現を目指し、取り組む地域・都市が選定

SDGs未来都市
SDGsの17の目標と紐づけられた評価軸で選定されており、中でも優れた提案を行った10の自治体が「自治体SDGsモデル事業」として選定

今回は令和3年度(2021年)のSDGs未来都市とSDGs自治体モデルを一覧でご紹介します。

また最後には、SDGs未来都市に選ばれるメリットについても記載しておりますのでご覧ください。

SDGs未来都市

no.提案者名提案全体のタイトル
1北海道上士幌町「だれもが生涯活躍・環境と調和したビジネス展開」プロジェクト
2岩手県一関市未来を見つめ、世界が憧れるまち いちのせき~新たな価値の創造による持続可能な地域づくり~
3山形県米沢市~果敢な挑戦と創造の連鎖~市民総参加で実現するSDGs未来都市米沢
4福島県福島市東日本大震災と原発事故から10年、世界にエールを送るまち ふくしま
5茨城県境町河岸の街さかいSDGs未来都市計画~誰もが明るい未来を描きながら暮らすことができる街 さかい~
6群馬県ニューノーマルを先導する持続可能で「快疎」な群馬の実現
7埼玉県「日本一暮らしやすい埼玉県」へ~埼玉版SDGsの推進~
8千葉県市原市SDGsのシンボルとなるまちへの挑戦
9東京都墨田区「働きがい」を「生きがい」と「暮らし」につなげるデザイン~プロトタイプが実装できるまち~
10東京都江戸川区海抜ゼロメートルのまち江戸川区が目指す「SDGs=共生社会」先進都市
11神奈川県松田町みんなが"ツナガル"まちづくり「誰一人取り残さない!笑顔あふれる幸せのまち 松田」~日本の1万分の1スケールの町からの提案~
12新潟県妙高市生命地域妙高プロジェクト ~ Beyond 2030 SDGs ゼロカーボンへの挑戦 ~
13福井県次世代に選ばれる「しあわせ先進モデルふくい」の実現
14長野県長野市誰もが自分らしく活躍できる活気に満ちた長野圏域の創造~環境共生都市「ながの」の実現~
15長野県伊那市SDGs未来都市 ~創造と循環のまち 伊那市の実現~
16岐阜県岐阜市ぎふシビックプライドとWell-beingに満ちたSDGs未来都市
17岐阜県高山市世界を魅了し続ける「国際観光都市 飛騨高山」の実現
18岐阜県美濃加茂市新たな価値を生み出す里山 リ・デザイン「ローカルSDGs みのかも」
19静岡県富士宮市富士山を守り 未来につなぐ 富士山SDGs
20愛知県小牧市SDGs未来都市こまき~こどもたちの夢への挑戦を応援し、未来につながるまち~
21愛知県知立市多文化共生の未来都市知立を目指して~日本人・外国人誰一人取り残さない持続可能なまちづくり~
22京都府京都市千年の都・京都発!SDGsとレジリエンスの融合 しなやかに強く,持続可能な魅力あふれる都市を目指して
23京都府京丹後市京丹後市SDGs推進計画~豊かな自然環境と多彩な産業、先端技術が調和した幸福なまちの実現〜
24大阪府能勢町地域資源が循環する里山未来都市の実現
25兵庫県姫路市世界をつなぐSDGs推進都市ひめじの夢
26兵庫県西脇市人輝き 未来広がる SDGs田園協奏未来都市 にしわき-自然と人が織りなす持続可能な地方都市の挑戦-
27鳥取県鳥取市サステナビリティ×イノベーションで「農村から真の持続可能なまち」を実現する
28愛媛県西条市豊かな自然と共生し「ヒト」と「活動」が好循環するまち西条創生事業
29熊本県菊池市合言葉は3つの“つ” !「つどう・つながる・つづける」 ~自然を生かし、人をつなぎ、自立発展し続けるまち菊池~
30熊本県山都町有機農業で持続可能なまちづくり
31沖縄県誰一人取り残さない持続可能な「沖縄らしさ」の実現~SDGs推進による沖縄の継承と変革への挑戦~

自治体SDGsモデル事業

no.提案者名自治体SDGsモデル事業名
1北海道上士幌町「スマートタウンで “弱点” 転変!かみしほろ幸せ循環」プロジェクト
2千葉県市原市化学×里山×ひと
~SDGsでつなぎ、みんなで未来へ~
3東京都墨田区産業振興を軸としたプロトタイプ実装都市
~ものづくりによる「暮らし」のアップデート~
4新潟県妙高市みんなでつくる生命地域 Redesignプロジェクト
5岐阜県岐阜市山水と都市が育むWell-beingなライフスタイル創造事業
~「つかさのまち・シビックプライドプレイス」が繋ぐ人と人、人とまち~
6岐阜県美濃加茂市「ローカルSDGsみのかも」=地域循環共生圏の実現に向けたソーシャルビジネス創出モデル事業
7京都府京都市京都の文化が息づく3側面,“みんなごと”で取り組む レジリエンスモデル
~SDGsのその先へ~
8愛媛県西条市LOVESAIJOポイントを介して「ヒト」と「活動」が好循環する持続可能なまち西条創生事業
(「西条市SDGs×西条市DX」の推進による地方創生の実現)
9熊本県山都町有機農業を核とした有機的な繋がりが広がる町の実現
10沖縄県誰一人取り残さない持続可能な美ら島「沖縄モデル」推進プロジェクト

こちらの自治体SDGsモデルの詳細について知りたい方は、こちらのPDFをご参照下さい。( p.7〜)

SDGs未来都市に選定されるメリット

SDGs未来都市に選定された都市は、自治体SDGs推進関係省庁タスクフォースによる強力な支援を受けられます。

例えば、各省庁の支援施策活用に関する助言や、成功事例の国内外への発信支援などです。SDGsは今や小学校でも学習するほど注目されており、選定されることで先進的な取り組みを行う自治体として、注目を集めることが出来ます。

また未来都市のなかでもとくに積極的に進めるべき事業として、自治体SDGsモデル事業に選定されれば、国から補助金が支給されます。2021年度の補助金の上限額は2,700万円であり、さらに多くの人を巻き込みながら、より持続可能な未来のための事業を推進できるようになります。

SDGs未来都市の認定は、内閣府地方創生推進室が行っており、選定の基準は、SDGsの17の目標と169のターゲットの理念に沿っているかどうか、そして地方創生に有効な取組かどうかなどです。

選定基準などのより詳しい詳細はこちらをご覧ください。

最後に

いかがでしたでしょうか?

SDGsは2030年までに達成すべきゴールです。そして、今後は旅行先を選ぶ行為一つとっても、サステナブルであるかどうか、という視点で行き先を選ぶ時代が来るかもしれません。そうなった時に、自分の住んでいる自治体に来ていただくためにも、取り組んでみることは未来に向けた投資であり、価値ある取り組みだと感じました。


最後までお読みいただきありがとうございます。

あすてな公式インスタグラムでは記事を簡単に要約したものや、環境に優しい商品のレポートなどを紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

参照:

https://www.chisou.go.jp/tiiki/kankyo/teian/sdgs_2021sentei.html
https://future-city.go.jp/data/pdf/sdgs/02_bessatsu1.pdf
https://www.chisou.go.jp/tiiki/kankyo/teian/2021sdgs_pdf/10_kijun.pdf

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。